40代からのメガネについて


老眼の進行は40代から

手元のものがぼやけて見える、
小さなものや文字がよく見えない...
遠くは見えるけど近くのものが
見えづらくなったなど、
40代に入ると増えてくる目の悩み。
見えづらさに悩まされる前に、
最適なレンズのメガネの
使用をお勧めいたします。

「見えにくい…」と感じたら

理想的な視界で快適な生活を送るためにおすすめしたいのが遠近両用レンズです。 遠近両用レンズは、1枚のレンズの中に「遠くが見やすい箇所」と「近くが見やすい箇所」の両方があり、視線を動かすだけで遠くも近くも快適な視界を得られる構造になっています。
50代、60代で老眼が進み老眼になり、その時点で老眼用のメガネをかけると、突然異なる視界に合わせて目が対応するまでに時間がかかるということもあります。 快適な視界を維持し続けるためには、目の変化に合わせてメガネのレンズを適切なものに変えていくことが大切になります。

ドイツマイスター眼鏡院

40代からは最適なメガネの
レンズ選びが重要です

40代は、仕事でもプライベートでも過ごし方が多様になった現在では、いろいろな事に頭や身体を使っているピークともいえる世代でもあるため、眼も想像以上に酷使している年齢でもあります。
その一方で、40代からはピントを合わせる力が弱くなる人が多くなっています。この様な状態を俗に「老眼」といいます。
パソコン仕事や車の運転、さまざまな趣味における過ごし方に至るまで、眼は今までとは違った変化をしている世代でもあることから、20代や30代までの頃と同じ様なメガネのレンズの選び方だと、なかなか合わなかったりする事も多くなってきています。

老眼は早い人で40代から始まります。 最近はテレワークが増え、オフィスから自宅へと環境が変わることで、広く高い所から低く近いところへと空間が変わり、また紙媒体での資料が画面へ、さらにはデスクトップPCから画面の小さいノートPCへと変わったことで、PCと向き合う時間がこれまで以上に増えている方が多くなり、その結果、さまざまな症状に悩む方も増えています。
この時期から、弱目の遠近両用レンズを使用することで、早い段階からこの視界に目を慣らすことができます。そうすれば徐々に老眼が強くなってきても、違和感を感じることが少なくピントのズレを優しくサポートしてくれます。

ドイツマイスター眼鏡院

今までのメガネでは見えにくい…
と感じたら、
ぜひ一度ドイツマイスター眼鏡院へ
ご相談ください。
そんな40代の方に最適な
メガネのレンズをお作りします。

ドイツマイスター眼鏡院へのご来店は
予約制となっております。

来店予約・お問い合わせ

レンズの選び方は
年代または用途によって
異なることがあります。
ドイツマイスター眼鏡院では、
それぞれの年代、用途にあった
最適なレンズのメガネを
使用する事をお勧めしています。

お子様のメガネについて
マイスターへの挑戦
30代のメガネについて
ドイツマイスター眼鏡院
リモートワークが増えた方
ドイツマイスター眼鏡院
ドイツマイスター眼鏡院

住所 : 〒107-0061
         東京都港区北青山2-12-27
営業時間 : 11:00〜19:00
定休日 : 第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

ドイツマイスター眼鏡院 © 2021