ページトップへ

マイスター眼鏡院

〒107-0061 東京都港区北青山2-12-27
TEL.03-6804-1699
OPEN 11:00-20:00
定休日 第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

ドイツマイスター眼鏡院
よくある質問

眼鏡院ロゴ
Q1 視力測定やその他の検査、相談には費用がかかりますか?
いいえ、無料です。また、ご相談も無料です。
視力測定+両眼視検査・深視力検査・動体視力検査を必ずドイツ国家公認眼鏡マイスターが行います。
Q2 出来上がりまでにどのくらいの時間がかかりますか?
在庫範囲内であれば即日お渡しが可能です。お客様の度数・レンズ種類によっては同じレンズ・料金でも、その方にとってより最適になるようにご注文後に特注でレンズをお作りさせていただきますので、5~10日のお時間を頂戴しております。ただし、お急ぎの方は在庫レンズもご用意がございますので、在庫範囲内であれば40分~2時間でお渡しが可能です。
Q3 検査は予約制ですか?
お一人一人の状況を詳しくお聞きし、正確に検査し調整するため時間がかかります。 この為予約を承っております。ご希望の日時がございましたらご予約フォームまたはお電話で承ります。 ご予約なくご来店の場合、店舗状況によりお待ちいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。ご予約画面へ
Q4 子供の眼鏡を作りたいのですが、度数を測ってくれますか?
8歳以上のお子様は可能です。子供の場合、調節力が強く、また視力も発達段階ですので眼科での検査をお勧めします。8歳以下のお子様の場合など、点眼薬を用いたうえで検査をしてくれますので先ずは眼科での受診をお願いいたします。
Q5 遠方に住んでいるのですが、出来上がったメガネを送ってくれますか?
はい、出来上がったメガネをお送りすることは可能です。ご購入時に、最終フィッティングをさせていただくとともに、念のために顔幅・耳までの長さなどの数値をお測りさせていただきます。それにより、加工時に生じる狂いをなくすことが出来ます。
Q6 現在使用しているフレームにレンズだけをいれてもらえますか?
はい、レンズ交換のみも承っております。ただし、お客様の度数やレンズ種類によっては適さないものもあり、お品物によってはお受けできない場合もございます。まずはマイスターにご相談ください。
Q7 フレームの修理(他店で購入したものも含む)は可能ですか?また料金はいくらかかりますか?
他店で購入されたフレームも含め、基本的には修理可能な場合は承っております。しかし、状態、素材など修理が不可能な場合もございます。まずはご相談ください。料金に関しましては、修理内容により変わってまいります。まずお見積りを取らせていただいたきますので、ご相談ください。
Q8 他店で購入したメガネが合わないのですが、相談できますか?
お気軽にご相談ください。
Q9 レンズが傷ついてしまった。直りますか?
付いてしまった傷を取ることは出来ません。
Q10 メガネを掛けると度数が進行するって本当ですか?
正しいメガネを掛けていて、度数が進行することはありません。むしろ掛けないことで、眼への負担が大きくなり頭痛や肩こりなどの悪影響が出ることがあります。それよりも眼に無理をさせないために必要に応じてメガネを掛けることが大切です。
Q11 色の濃いレンズのほうが紫外線を多く防ぎますか?
色の濃度と紫外線の防止は関係ありません。無色のレンズでもUVカットコーティングが施されたレンズであれば紫外線を防いでくれます。 ただし、眩しさを抑えるためには色を濃くしたほうが効果的です。
Q12 ブルーライトカットの眼鏡で目の疲れは取れますか?
いいえ、ブルーライトをカットするだけでは目の疲れは取れません。最近ブルーライト(青色光)のもたらす眼への影響がいたるところで( 過大に)取りざたされています。 しかし、ブルーライト(青色光)の人体への影響は研究者の間でもはっきりとは解明されておらず、予測の域を超えていません。 もちろん、眼精疲労に全く効果がないとも言えませんが、その効果は限りなく小さく、それで目の疲れ(眼精疲労)が大幅に軽減されることはありません。 それよりも疲れ目(眼精疲労)の最も大きな原因が「調節力」と「両眼視」です。 
詳細はこちらから 「両眼視検査」  「調節力アシストレンズ」
Q13 訓練で視力が回復するって本当ですか?
訓練で永続的に視力がよくなることはありません。訓練により一時的に短い間だけ視力がよくなる可能性はありますが、その効果はほんの短時間です。 近視・遠視・乱視・老眼の方は正しいメガネやコンタクトレンズを使うことが大切です。
Q14 遠近両用レンズは、どんな見え方をするのですか?試すことは可能ですか?
まずはお客様の眼の状態を正確に把握するためドイツ国家公認眼鏡マイスターによる両眼検査を行ないます。検査結果とお客様の使用される「視生活」に最も適した遠近両用のテストレンズをお試しいただいております。眼の状態やご使用環境はお一人お一人異なるため、最適なレンズを体験していただくことが大変重要です。
Q15 遠近両用レンズの価格の違いって何が違うのですか?
レンズの基本設計が違います。遠近両用レンズは一つのレンズの中に無数の度数が入っています。そのおかげで、遠方からお手元まで見ることが出来るのです。しかし、基本的に一つのレンズの中に無数の度数を入れることには無理があり、その無理がユレ・歪み・ボヤケとして現れてきます。このユレ・歪み・ボヤケの大きさを決定づける最大の要因がレンズの基本設計なのです。同じ度数、同じフレームでお作りしても、レンズ設計の新旧で見え方・慣れやすさは全く違ったものになってきます。当然この基本設計が新しいほど価格も高くなります。例えば1万円のレンズと10万円のレンズが同じ見え方、慣れやすさと言う事はあり得ないのです。しかし度数や使用目的などにより必ずしも最新設計が「一番良い」とは言えません。これは眼鏡だけに限ったことではなく当たり前のことですが、「安くて良いもの」は無く、また「高いから良いもの」とも言えないという事です。信頼できるメガネ屋さんを見つけましょう。
Q16 遠近両用メガネが一つあれば十分ですよね?
十分とは言い切れません。そもそも遠近両用レンズは万能ではありません。(上記Q14参照) 一般日常生活をするにおいてはとても便利なレンズですが、使用目的・用途によっては遠近両用レンズでは不十分な場合もございます。遠近両用メガネ+目的別専用メガネの複数所持をおすすめいたします。