ページトップへ

マイスター眼鏡院

〒107-0061 東京都港区北青山2-12-27
TEL.03-6804-1699
OPEN 11:00-20:00
定休日 第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

疲れ目を軽減する
調節アシストレンズ

眼鏡院ロゴ
現代人の眼は疲れやすい

スマホの普及で現代人の眼は疲れやすい

  手元を見るということはそれだけ眼のチカラを使うということ。当然時間が経つにつれて疲労が 蓄積される。特にスマホやタブレット端末の登場で手元の細かい文字を凝視する機会が劇的に増え た現代人。眼の疲れを訴える人が増えている

ブルーライトカットレンズだけでは疲れ目を軽減できない

  パソコンやスマートフォンなど至近距離を凝視する機会が圧倒的に増えている現代人。眼の疲れや肩こりを感じる方も多く、パソコン専用のブルーライトカットレンズを使用している人も多い事でしょう。しかし、これらのレンズはモニター画面から発せられる光の周波数を一部カットする目的のレンズで、 症状を和らげる一つの要素ですがそれだけでは疲れや肩こりの解決とはなりません。

  人間は起きている間、色々なモノを見てピントの調節や眼位の調節をほぼ瞬時に行なっています。朝 起きてテレビを見て新聞を読み食事をし、通勤時では時刻表、窓から見える景色、スマホでメールチェッ ク、会社ではパソコン、資料など。寝ている時以外、眼は絶えず様々な筋肉を使ってピント調整を行な い周りの情報を伝えてくれます。当然時間の経過とともに疲れが発生し、夕方になると特に眼が疲れた り手元の文字が二重に見えたりするのはそれだけ眼に負担がかかっているからです。

  眼の筋肉への負担は時間はもちろん年齢とともに増加し、調節機能は低下します。野球など視力が重要な感覚といわれるアスリートが引退をする理由に、視力の調節力低下というケースは多く、概ね30 代では調節力の低下が既に始まっています。

調節力を補助する新発想タイプ 「調節力アシストレンズ」

  「疲れる」「ピントが合いにくい」といった症状でお困りの30 代以上の方へは、眼の調節力を補助する「調節力アシストレンズ」がオススメです(下記参照)。ピント合わせ補助が目的のレンズですがブルーライトカットを組み合わせることも可能で、眼への負担は大幅に軽減されます。正しい検査(視力測定、両眼視検査)とライフスタイルや目的・用途に応じたフレームやレンズ選び、レンズ特性を最大限発揮させるための人間工学に基づいたメガネのフィッティング調整により、快適で楽に見えるメガネになったという方が多くおられます。

  ドイツマイスター眼鏡院では、正しい視力測定、両眼視検査、調整を行なうため相応のお時間をいただいております。メガネに関するご相談も承ります。お 気軽にご来店ください。

調整力アシストレンズ