ページトップへ

マイスター眼鏡院

〒107-0061 東京都港区北青山2-12-27
TEL.03-6804-1699
OPEN 11:00-20:00
定休日 第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

ドイツ国家公認
眼鏡マイスターとは

ドイツ国家公認眼鏡マイスターについて

ドイツでは眼鏡マイスターという国家資格を持つ専門家がメガネを作製します。なぜなら、正しく快適に使えるメガネを調整し提供するには相応の知識と経験が必要だからです。単に度数を合わせるだけの視力測定では、快適なメガネは作れません。 ドイツ国家公認眼鏡マイスターとは、13世紀より続く伝統ある国家資格で、ドイツ国家より与えられる眼鏡士としては最高職位の称号です。光学物理、解剖学、スポーツ光学など専門分野に加え薬学、心理学など幅広い知識が求められます。資格取得には約10年、その間基準に満たない場合は退学、あるいは一生眼鏡マイスターへの道を閉ざされてしまうという厳しいものです。。

   日本では5名しかいない「ドイツ国家公認眼鏡マイスター」。当店はドイツの国家資格を持つメガネの専門家3名が在籍する国内唯一の眼鏡専門店です。    “眼は大切な臓器である”という前提のもと、お客様の健康に直接関わるメガネの作製に必要なことをあらゆる角度から考慮し、最適なメガネをお作りいたします。機能性、ファッション性に富んだEyeWearを世界中より厳選し、皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

ドイツ国家公認眼鏡マイスター 
スタッフ・プロフィール

  • 中西 謙太氏

    代表取締役
    中西 謙太

       祖父の代より2代に渡り続く眼鏡・宝飾・時計店の長男として生まれ、16歳の時に「眼鏡士」になる事を決意。
    しかし国内には世界基準で学べるところが無いことを知り、世界に目を向ける。その中で「ドイツ眼鏡マイスター」が世界最高峰のレベルにあることを知り、「世界基準の眼鏡士」を目指し若干18歳で単身渡独し、様々な困難を乗り越え2009年に日本人最年少で「ドイツ国家公認眼鏡マイスター」を取得する。
       帰国後、専門知識・技術以外にも研鑚を積み弟夫婦の資格取得を待ち、2013年に「ドイツマイスター眼鏡院」を3人でオープン。
       「眼は大切な臓器である」という前提のもと、皆様に頼られる真のプロフェッショナルを目指して、日々努力し続けている。
  • 中西 広樹氏

    中西 広樹

        実家の眼鏡・宝飾・時計店で、幼い頃よりお客様の笑顔に身近に接しながら育つ。眼鏡を通じ「お客様に夢を与えたい」を信条に、眼鏡でお困りの多くの方の為にと21歳で渡独。ドイツ修業時代には言語、人種の違いを乗り越え、多くのお客様からの指名を頂き、現在もなお海を越えたお客様からのニーズに応えている。
       2013年に「ドイツ国家公認眼鏡マイスター」を取得し(日本人4人目)、日本に拠点を移すことを決意し、妻とともに帰国。
       今日もメガネ店としてのあるべき姿をお客様に提案し続けている。
  • 中西 ステファニー

    中西 ステファニー

       ドイツで眼鏡店を経営する父(ドイツ国家公認眼鏡マイスター)を持ち、眼鏡マイスターとしての責任を幼い頃から肌身に感じて育ち、迷わずその道を選択。
       2013年に「ドイ国家公認眼鏡マイスター」を取得。
       広樹との結婚を機に同年、日本初となるドイツ人のドイツ国家公認眼鏡マイスターとして、来日。
       日本とドイツのメガネ店とのレベルの差に驚き、自身が少しでも力になれればと本国ドイツとも密に情報交換し、私どもの更なるレベルアップに反映させている。